細胞レベルで健康してる?

ケンコー(健康)になりたい、そこのあなたぁー!栄養、睡眠、アンチエイジング等やってくから

卵さえ食っとけば健康になれる

健康の基盤、それは「食事(栄養)」「睡眠」と考える、私です。
さて、バランスの良い食事という言葉をよく聞く気がする。
さて、バランスとはいったい何か?
世間一般のイメージでは、
・1 日 〇〇種類以上の食事を採るべきだ。
・いくら栄養が良くても、偏りすぎた食事もよくない。
・1日 3 食しっかり採るべきだ。
こんなざっくりとしたイメージではなかろうか。
でもこんなイメージでも大体の人は「そうだよねぇ~アハハ」と納得しちゃうんだよね。
本当に必要な栄養素は何か!?という目線で議論しないんだよね。
今日はそんな必要な栄養素の中でも「タンパク質」に注目したいと思う。
タンパク質の重要性はよく指摘されている。人間は1日に体重の1/1000のタンパク質を必要だと言われている。
つまりは体重60kgの人は60g必要量とされている。
しかし、ちょっと待ってほしい。
実はタンパク質には「質」が存在している。
「質」があるっていうことは、商品パッケージに記載されたタンパク質を加算していけば
良いわけではない事が分かりますよね。
タンパク質は、20種類のアミノ酸を様々な順序で並べたものである。その並べ方によって、タンパク質の性質が決まってくる。
そしてそのアミノ酸は「可欠アミノ酸」と「不可欠アミノ酸の2つに分けられ、前者は人体で生成可能だが、後者は生成ができない。
つまりは、「不可欠アミノ酸は体外から調達してこなければならない。
しかも、この不可欠アミノ酸は、20種類のうち9種類もあり。この9種類が不足していると、DNAの呼び出しに完璧に応じる事ができない。
この9種類の不可欠アミノ酸を、人体が求めるのと同じ比率で含んでいるのが、たんぱく質の「質」の部分である。
この質は普段我々が購入している食品パッケージには記載がないが、ネットで調べればすぐに出てきます。
ぁ、ちなみにその「質」の部分を100点満点で示したものをプロテインスコアっていいます。
大豆のタンパクは良質~とか言ってる人がいるけども、
大豆のプロテインスコアは、100点満点中56点に過ぎないからね。
必要なアミノ酸のうち半分が足りないということになっています。
その分いっぱい食えば良いのかもしれないけどwカロリー過多になるぞ~)
そんなプロテインスコアを意識すると、何だか面倒だなと思うかもしれません。
しかし、安心してください。
とりあえずこいつを食っておけば良いというものがあります。
「卵」です!
卵のプロテインスコアは100!
こいつに限っては、コレステロールのせいであまり評価されないのが残念すぎる。
確かに卵には豊富にコレステロールが含まれていますが、そもそもコレステロールは我々の体には欠かせないものなのです。
コレステロールの役割は割愛します)
欠かせないので、当然人体でも必要な量が生成されるわけです。
そして食品からコレステロールを摂取したからといって、体内のコレステロール値に変化があるわけではない。
体外から摂取されれば、肝臓から生成される分が減るだけです。
過剰に摂取されれば、捨てられるように作られています。
上手い事体内で調整されているわけです。
つまり、卵って1日1個だけ守るのはもったいない!!
僕の食事は基本卵から成り立っております。1日5~7個くらい食べます。
この生活を1年くらい続けていますが、コレステロール値は正常でずっと変わっていません。
むしろ善玉コレステロール値が上がっています(この因果関係は不明)

食事(腸内環境)と睡眠の関連について

昨日のブログでも書いたけど、睡眠についてまだ未開な部分が多いんだよねぇ~。

「未開なベールに包まれているから仕方がないよねぇ~!」と思って、よりよく生きる方法を放棄するのは、いかがなものか!!!(←何様

てなわけで、今日は食事と睡眠の関連について書くよ~。

はい、そうです。食事も睡眠と密接に関連しております。

昨日の「体温」「光」もそうだけでも、日中の過ごし方が非常に鍵なんだよね。

睡眠についてまだ知られていない事は多いけど、覚醒時については結構分かってきている事が多い。
そいで、日中にその覚醒時のスイッチをオンする事ができれば、自然と夜に向けて、睡眠モードに突入できるようになっている。

覚醒時の過ごし方 = Better な睡眠に直結している
という事を念頭に置いて欲しい。

さてさて、少しだけ専門的なお話をさせて~。

脳内にはニューロンという神経細胞が数千億単位で存在しています。(へぇ・・・
その神経細胞が相互に繋がっているわけになります。(ふーん・・・
繋がっているといっても、直接的に繋がっているわけではなく、「シナプス」という神経物質を介して、やりとりをしているんだよ。(今回のテーマと関係ないじゃん・・・
この神経物質が人間の感情だったり、能力をコントロールしているのさ。(zzzz・・・

それで夜になるとメラトニンという神経物質が作られるわけだが、
こいつが、睡眠に大きくかかわるものという事がわかっている。(!!!!

なるほど、そのメラトニンとやらを増やせばよいわけだな。

そいで、そのメラトニンセロトニンという神経物質を元につくられることが分かっている。

ふむふむ…じゃぁ、「セロトニンとやらを増やせばよいわけだな。

 

まぁそうなんだよね。

んで、セロトニンはタンパク質であるトリプトファンから作られることになるので、まずは、トリプトファンをとることが大事になるわけだ。

なんだか良からぬ名前の物質だな・・・と思うかもしれないけど、トリプトファンは主に、肉、魚、に豊富に含まれているが、
基本的にあらゆる食品に含まれているので、あまり心配する必要はないのだ!
※細かい事を言うと、セロトニンを生成するときには、ビタミンも必須なので、ビタミンも足らないようにしないといけないけども。

さて、ここからが今日言いたいこと。
セロトニンを作る前の段階の物質(前駆物質)は腸内細菌によってほとんど作られている。
つまりは、腸内環境が整っていなければ、セロトニンの合成もうまくいかないこともわかっている。

 

!!!

 

じゃぁ、トリプトファンとやらを大量に取り込んで、ビタミンをぶっこめば良いわけじゃないんだね。

そうなんです、腸内環境を整えるためには、とりあえず下記を心がけてくれ!

・腸内細菌の餌となる、食物繊維を摂取する
⇒善玉菌を増やして、さらに悪玉菌を便と一緒に排出してくれる。

・直接的に乳酸菌、ビフィズス菌を摂取する
⇒腸内に届く前にほとんど死ぬと言われているが、死んだ後の液が腸に届くとそれが善玉菌の餌となってくれる

オリゴ糖を摂取する
⇒善玉菌の餌となる、さらにこいつは消化酵素の影響をうけにくい。

・腸内細菌によくないものをさける。(ちょっとざっくりだけど)
食品添加物がはいっているようなもの、インスタントは、善玉菌を減らすことがわかっている

 

腸内環境を整えると、活性化される「セロトニン」という神経物質ですが、
この物質も人が幸せに感じているときや、落ち着きをもたらす物質と言われています。

ここ数年、鬱病が増えている原因は、単に心の病気と考えられていますが、実は腸内環境を整えて、セロトニンを増やすことで、
精神的な病が改善されると思っています。

睡眠だけじゃないんだけども、気合とか、メンタル的な部分で乗り切れっていう人は、ちょっと無責任と思いませんか
「2,3日ちょっと眠れなかったら、そのうち眠れる時がくるよ~」って言うけどさ、当事者の気持ちになれば、どんなに辛いか・・・

具体的な方法論に基づいて、処置を行う事が大切だと思うんだよなぁ~・・

寝る時間を確保できているのに、なかなか眠れない or 寝た気がしない人・・

睡眠に関するトラブルは非常に多い。しかしなぜだろう、なかなか直そうとしない人が多い。
それもそうだ。睡眠中は意識がないので、どうやったってコントロールするのは不可能。

かといって、安全でリスクのない睡眠薬が開発されるのを待つのもバカらしい(笑)
ただ、マウスレベルの実験では、ある神経細胞を操作することによって、意図的にマウスを寝かせたり、起こす事ができるらしい。
もしかしたら、人間用の薬だか、装置が(遠い将来)開発されるかもしれない。

というわけで、皆さん、来世に期待しましょう(爆笑)
それでは ノシ


・・・・・・・なんてね。


今日お伝えしたいことは、睡眠中のコントロールは無理にしても、睡眠前にどれだけ良い状態に持っていけるかをお伝えしたい。
まだまだ睡眠に関して解明されていない部分は多いんですよねぇー。
それでも色々分かってきている部分もある。

そして分かってきている部分を利用して、上手い事質の良い睡眠につなげることは可能なんですね。

ポイントは、

・体温

・光

この2点に絞りたい。


まず「光」についてですが、人間の体には、生物固有の体内時計が備わっており、朝起きた時に、太陽の光を浴びて、
体内時計をリセットする事が大切!!

意外とこれが大事なんですよ。もう、意識的に変わらないと思ってても、体内では確実に変化が起きております。
太陽じゃなきゃだめ?という事ですが、特定の波長の光を感知すればよいとの事で、その辺はまだ研究が進んでいる段階らしい。
まぁ、てっとりばやく太陽にあたってください。

そして次は、「体温」。眠るときは、体の内部と皮膚の温度が近くなるって知ってました?
この温度調整も体内時計にて管理されており、夜になると自然とそのようになる。

ふーん?じゃぁ皮膚の温度が上がって、体の内部が冷えてくるのを待てばよいのね?と思うかもしれませんが、
人為的にその体温を変化させることで、質の良い眠りに導くことができるのだ!!

てっとり早い方法が「風呂」

お風呂は一時的に体の深部体温を上昇させることができる。え?深部体温があがっても良いのか?と思うかもしれないが問題ない。
人間には恒常性の機能が備わっており、元の状態に戻るように設計されている。つまり深部体温が上がった分、下がるわけだ。
その下がる角度が、元々夜に向けて下がっていく体温分と、恒常性による体温が相乗効果で、いっきに皮膚の温度に近づいてくる

つまりは、入眠時に必要な「深部体温」の下降がさらにおおきくなる。
それで眠気がきて、熟睡ができるというわけだ!

睡眠をコントロールせよ!

睡眠って大事ですよね。(そーですね!)


睡眠の質が、その日の1日を決めてると言っても過言ではないと思います。

皆さんもよく経験あると思います。
よく眠れなかった時の倦怠感…ストレス…( ノД`)<オキタクナイ

 

…にも拘わらず、あまりにも睡眠に対して無策の人が多い!!


確かに睡眠は無意識の活動であることから、対策が難しいと感じるかもです。

 

さぁ~、睡眠にコントロールされる人生から
睡眠をコントロールする人生にしましょう~♪((ノ・ω・)ノオオオォォォ-


今日は色々書こうと思ったけど、忙しいわww
でも、毎日更新するもんねっ!誰も見てないかもしれないけど…

 

とにかく、僕が思うのは、「こういう事をした方が良い」「この食べ物が体に良い」
という事よりも、そこに至るまでのプロセスがとっても大事だと思うのです。

 

何が良いかなんて、ネットでちょちょいと調べれば出てきます。
しかし!!!そこに至るまでのプロセスを自分なりに解釈して導き出せれば、

今後新しい情報が出てきても振り回されずにどっしりと構えられるはずです。

 

そこらへんのプロセスを一緒に考えていこうねっみんな。このブログでね。
難しい事とかはできるだけ、かみ砕いたり図を使って説明する。

健康になりたければ、まずは考え方を変えなさい!!!

テレビのコメンテーター「〇〇〇って本当に体に良いですよ。皆さん明日からお試しください~~(^^♪」

こんな安い煽り文句で、〇〇〇を始めちゃうそこのアナタ!!!

チョット待った~~!!!!


健康志向になるのは素晴らしい事だと思います。

しかし、健康に気を付けている事と、自分が健康になるかは全く関係がありません。


つまり、間違った知識によって、間違った方向に向かう事もあるからです。

 

健康に気を付けてるのに、より体調が悪くなったりもするわけです。

あまり調べもせずに、「テレビが言ってたから~」という理由だけで始めるのは、大分危険です。

まぁ~とにかく~何かを始める時には、自分なりに調べてみる事が大切というわけですな。
※あまり気にしすぎてもストレスになっちゃうけどね(笑)


でも、とにかく色々な情報が錯綜してて、何を信じていいか分からなくなることもあります。

今はやりの「糖質制限」にしたって、色んな意見が錯綜しております。

 

というわけでっ、自分は一般ピーポーに分かり易く、(可能な限り)正確で健康に良い物、事、習慣を紹介できたらと考えてます。

<ステップとしては・・・>

①まず、分解してみる
②分解して、本質的に何が良いのか、悪いのかを特定する
③色んな人の意見を参考にしてみる
④メリット、デメリットを天秤にかけて、メリットが大きければやってみる

これに尽きる!!!!

というわけで、みんな不健康になりたい人なんていないわけで、健康になりたいでしょ?


少なくとも、誰でも簡単にできるような習慣が健康に導いてくれれば、そりゃー嬉しいじゃないですか。

とりあえず、睡眠を大事にしな!!え?根拠?
今日は面倒だから、また今度(笑)